地域ブランドの掘り起こしをお手伝いします!

シティ情報ふくおか 行政・地方自治体 媒体事例集
実績
多数

お問い合わせは
コチラ!

こんなお悩みありませんか?

移住定住のアピールをもっとしたい!
市町村長の考えをもっと発信したい!
地域の「名物」を確立したい!
地元の隠れた魅力を発掘したい!
観光客をもっと増やしたい!
市町村民の声をもっと発信したい!

『うちの街にはなにも無いよ・・』は思い込みです!

「シティ情報ふくおか」では、30~40代の女性をメインターゲットにしたタウン情報誌「シティ情報Fukuoka」を基幹に、様々な媒体制作を行なっています。自治体のパンフレット制作では、タウン誌を通して養ってきた編集力を駆使して、各自治体の隠れた魅力を見つけ、心にまっすぐ届く誌面制作を展開しています。
担当営業と編集者が自分たちの足でまちを歩き、独自の視点で“ステキだな”と思うモノを見つけて、人・ものづくり・お出かけスポットなどを組み合わせた企画を各自治体にご提案。「うちの街は何もないよ」とおっしゃる地域こそ、外の人から見るとステキな“宝もの”が眠っている。そんな情報発信のツールやイベントを地域の皆さんと一緒に制作しています。

こんな時にお声掛けください!!

    • 他の地域の事例を知りたい
    • PRのイベントを考えてほしい
    • PR用のパンフレットを作りたい
    • 市町村長の取材をお願いしたい

私どもが得意なこと。

創刊以来40年以上、福岡のタウン情報誌を発行し続けてきたからこその編集力、取材力が自慢です!!
あらゆる場所・モノ・そして人の魅力を、たくさんの人に発信するためには、取材先にしっかり入り込むことが大切だと考えています。そうして作り上げた誌面は、入り込めば入り込んだ分だけ、多くの読者様の支持を得ることができました。
このことを基盤とし、行政の皆さまが抱える様々な課題も、当事者意識をもって入り込むことで、ともに解決していきます。

私どもが提案できること。

自治体に特化したパンフレット制作の他、毎月20日に発行しているタウン情報誌「シティ情報Fukuoka」への挟み込みや、パンフレットの一部記事を「シティ情報Fukuoka」に流用するなど、様々な展開を行なっています。また、インスタグラムやフェイスブックなどのSNS、自社媒体「Fukuokaナビ」、ほぼ毎月発行しているムック本での掲載など、様々なご提案をしております。詳細は「観光情報」「市長インタビュー」などこちらの実績集をご確認ください。

市町村長インタビュー集

宗像市
伊豆美佐子 市長
古賀市
田辺一城 市長
中間市
福田健次 市長
みやま市
松嶋盛人 市長
上毛町
坪根秀介 町長
大野城市
井本宗司 市長
みやま市
松嶋盛人 市長

ともに地域の魅力づくりを!

上記の事例は、全て当社で作ったものではありますが、素材やネタが無いと、私たちは何も作ることはできません。
各行政のご担当の皆様としっかり話し合い、何度も足を運び、様々なご提案を差し上げる中で、ともに作り上げていきました。
もちろん、こちらの一方的な方向性を打ち出すこともできるかもしれません。
でもそれだと、私たちの手持ちのパターンで同じような企画、誌面が出来上がるだけです。

だから、私たちは各行政の皆さまと、お互いの信頼関係を築き上げ、同じベクトル、同じ方向性を共有できるようになることにこだわっています。
行政の皆さまが持ってらっしゃる『地元に対する想い』を編集、具現化させていただく、ということです。

ぜひ、皆さまのまちの新たなる魅力づくりに、私たちも参加させてください!!!


詳細は下記ボタンよりお気軽にお問い合わせください。


さらに詳しく実績を見たい方はコチラ!!

『シティ情報ふくおか
行政・地方自治体 実績集』

過去の当社の行政PRの制作物をまとめています。
今後の展開案として、ぜひご参照ください!!

コチラから